ノーズピアス 受け継がれる歴史

ウィキペディア「鼻ピアス」2010年9月19日16:38による投稿は、このWebページの作成者によるものです。

ノーズピアスの歴史をもっと知りたいですよね?最古のノーズピアス、そしてインド最古のサンスクリット語の聖典「ヴェーダ」にも登場する男性・女性が使用するノーズリングについてお話をします。

ノーズピアス 受け継がれる歴史

ヴェーダの文献は紀元前約1500年~500年へと遡ります。最初に文献が完成したのは6000年前と多くの学者達は考えております!

当時、ヴェーダは紙に書き残されていなかったという事をちょっと覚えておいてください。歌にして全盛期の世代から世代へと受け継がれてゆきました。学者によると初期の文献が書かれたのは遥か彼方の7世紀頃で木の皮に書かれていたそうです。

医薬的な治療の知識-副ヴェーダ(Upavedas)-はアーユルヴェーダに属し、ヴェーダの伝統であるリグヴェーダの聖典と関連しています。美しい歌にのせて人々へと伝えられてゆき、女性のノストリルのピアスを推奨しました。女性特有の痛みの兆候である月経痛や出産の痛みさえ軽減すると考えられています。左の鼻孔にある神経が女性の生殖系器官に刺激を与えると考えられております。

世のノーズピアスの歴史

16世紀のヒンズー伝説でノーズピアスはヒマラヤの女神であるパールヴァティーの神話とも関連しております。敬意を表したり医療目的のノーズピアスがある一方で、偉大な美しさと社会的地位の指標として身につける場合があります。

古代インドで若い花嫁は結婚式までに鼻にピアスをします。鼻のジュエリーは髪にチェーンで繋ぎ、新郎が結婚式の夜に外すとされております。

その他文化でのノーズピアスの歴史

アラブやエジプト文化でもノーズピアスはいち早く広がりました。男性は自身の権力を表す手段として取り入れました。特に大きな鼻につけた鋲の寸法が魅力の要因でした。

各種ボディーピアスは徐々に人気を得て、ローマ帝国の至る場所へと広がりました。

現代のノーズピアスの歴史

現代のノーズピアスの歴史

何世紀かを経た現代でもノーズピアスの文化と習慣が引き継がれております。1960年代に入り、ビートルズファンのティーンエイジャーがビートルズが旅をしたインドに注目をするようになり、東洋の瞑想や習慣に没頭するようになりました。

時代に反抗するサブカルチャーのヒッピー達は古くからの習慣に魅了され、インド西海岸、特にゴアへと旅立つ者も多くおりました。ノストリルから耳へチェーンで繋げるピアスが彼等に人気があり、個性と既成概念に反する象徴として考えました。

若者、70年代のヒッピー、80年代のパンクロッカー、90年代のヘビメタ等のゴスの各年代から今日へとノーズピアスは受け継がれています。彼等にとっては伝統的な考えと価値に反する象徴となっております。

その他にも美しさを強調する文化的な表現としても使用されております。長い間保守的な意味でピアスをしてきた方々は公の場では小さな宝石を見えないように付け、仲間内ではそれを楽しんでおりました。

このトピックについて素晴らしいストーリーがありますか?

これについて素晴らしい話はありますか? 共有する!

[ ? ]

写真またはグラフィックのアップロード(オプション)[ ? ]

 

Click here to upload more images (optional)

Author Information (optional)

To receive credit as the author, enter your information below.

(first or full name)

(e.g., City, State, Country)

Submit Your Contribution

  •  submission guidelines.


(You can preview and edit on the next page)

To the top of このページのトップへ戻る ノーズピアスの歴史

A tree is not a project for us; a tree is our life.


Join Us at Facebook!

New! Comments

Have your say about what you just read! Leave me a comment in the box below.

リンク

鼻ピアスの写真 
ノーズピアス 受け継がれる歴史 
ノーズピアスのケアとあなた 
鼻ピアスの感染症 
ノーズピアスの治療方法

スポンサー