鼻ピアス・問題と解決方法



超一流の専門医に施術をお願いをしたとしても、鼻ピアスの問題が起こる可能性があります。症状を事前に理解して賢く学んでおきましょう。これから起こるかもしれな事態を知る事で、何が起きても克服できる手助けとなります。多くの方が新たにピアスをあけた際に体験する金属アレルギー等の過敏症があります。ニッケルがアレルギーの原因は有名ですが、多種多様な金属がアレルギーの要因となります。成分の100%が純粋ではない金属を選んだ場合、気づかないうちにニッケルが入っている事があります。

鼻ピアスのアレルギーやメッキによる問題

ピアス施術の専門医がアレルギーの有無(食品、薬、金属等)について尋ねます。しかし、ほとんどの方がアレルギーを持っているかをご自身で気づいていません。今までに皮膚組織に直接に金属が触れるような事がなければ、ご自身ではなかなかわかりません。ジュエリーを支える金属部分にどのような成分が用いられているかは多くの方がご存じないと思います。ピアス施術の専門医はアレルギーについて説明をする義務がありますが、もしアレルギーに関して尋ねられなくても、あなたがアレルギー体質である場合はご自身で申告していただく義務があります。専門医と情報を共有して下さい。腕時計、ブレスレット、リング等、各種宝石を身に付けた時に赤みやかゆみ発症した事があるか思い出して下さい。ベルトのバックル、ジーンズのボタンで反応したことはありませんか。赤みをアレルギーとは思わなかった方も思い起こしてみてください。もし過去にちょっとした症状があった場合は繰り返しによるアレルギー反応でより重大な反応を起こす場合があります。

金メッキのジュエリーも避けるべきです。金メッキの表面は以外と早く剥がれ落ちることを多くの方がご存知ないと思います。傷の癒えていない肌に金属部分をさらす事になります。敏感肌の方は22kゴールドのノーズジュエリーをお選びいただくことで、金属アレルギーのリスクは軽減されます。ゴールドは免疫システムで身体にごくわずかな負担しかかからず傷の治癒に作用します。早期治療を促進させます。

ノーズピアスの問題と衛生管理

ノーズピアスの共通する問題として、ピアスをした部分を過度に清潔にする傾向があります。信じ難い事ではありますが、皮膚を必要以上に清潔に保とうとする事が問題となる場合があります。むき出しの傷が内部にあるのです。ピアスをする事で膿み等が出てくるかもしれません。感染症の症状が出ていない場合は滅菌水で洗浄するだけで恐らく軽減できます。

感染症状の兆候を見逃さないように常に気を付けて観察をお願いいたします。新たにピアスをする時は皮膚表面に通常に存在する菌とバクテリアが育つ場所となり得ます。身体は白血球を送ることで反応をします。感染が広がるような時は医療機関にて抗生物質を用いた治療が必要です。

ノーズピアスの問題 その他の問題

もし、ピアスの穴を塞ぎたくなったら?ピアスをした箇所は傷となっています。まず考えられる要因として、傷は自力で治そうとする潜在能力があります。その可能性にかけてみる事はできますか?ほとんどのケースで跡は最小限となり、かろうじてわかる程度になります!しかし、最高の準備をする事をおすすめいたします。天然海塩水溶液とオイルを用意します。専門医はティーツリーオイル、胚芽オイル、エクストラヴァージンのオリーブオイルを好んで使用するようです。このような製品が無くても心配は無用です。

専門医の指示に従わず、友人や知人等からのアドバイスで傷がより深刻な状態になる場合があります。 実際にある話しですが、多くの方が間違ったピアスのケアをしている場合があります。何事もなく回復した方々の言っていることには根拠がありません。例えば、傷が完治する前にノーズジュエリーを交換する方もいます。ピアスをした箇所の傷は良好に見えても、完治に至っていない場合ありますので考慮してください。ピアスをした後、ピアス専門医にアフターケアの方法を必ず確認して下さい。直後は興奮気味だったり、ちょっとした違和感を感じたりする事があり、ケア方法の記憶が曖昧になる場合もあります。

万全な体勢で望む為にも別記の方法を全て確認して、素敵なピアス体験となるように確率を増やしていきましょう。

このページのトップへ戻る 鼻ピアス・問題と解決方法


New! Comments

Have your say about what you just read! Leave me a comment in the box below.